運営者:(社)綿半野原積善会

所在地:〒395-0003 長野県飯田市上郷別府2230-8

電 話:0260-48-6640

FAX:0260-48-6643

WEB:http://www.wn-sekizenkai.or.jp/

外観
施設写真をクリックすると拡大されます

ユニットリビング

ユニットリビング

居室

居室

売店

売店

理美容室理美容室

ギャラリー

ギャラリー

リフト付個浴槽

リフト付個浴槽

喫茶室

喫茶室

ロビー

ロビー

施設案内
  • あなたらしく暮らせるところ あなたと共に創ります。
  • 笑みの里は完全個室で、ユニットケアを行う施設です。
  • 個々の生活習慣を尊重し、一人ひとりのかけがえのない日々を大切にした、個別ケアサービスを提供します。
  • 活き活きとした毎日を過ごせるように、趣味の教室やギャラリー、喫茶室、売店、理美容室、図書室、地域交流ホールなど暮らしを豊かにする設備を利用していただけます。
 開設年月  平成27年3月19日
 改修年月(一部)
 入所定員  30人(広域連合が申込み及び調整をおこなう定員)
 ショートステイ:20人
 居室  個室(30室)
 最寄駅・バス停  飯田インターより車で15分、JR飯田線 伊那上郷駅より徒歩10分
費用
1月あたりの標準額

【ユニット型個室】                          (単位:円 令和元年10月1日改定)

 

利用者負担段階 要介護度 介護保険自己負担額 居住費 食費 合計金額
第2段階本人及び世帯全員が住民税非課税世帯であって合計所得金額と課税年金収入額を合わせて80万円以下の方。 要介護1 19,140 24,600 11,700 55,440
要介護2 21,150 24,600 11,700 57,450
要介護3 23,340 24,600 11,700 59,640
要介護4 25,380 24,600 11,700 61,680
要介護5 27,390 24,600 11,700 63,690
第3段階本人及び世帯全員が住民税非課税世帯であって第2段階以外の方。 要介護1 19,140 39,300 19,500 77,940
要介護2 21,150 39,300 19,500 79,950
要介護3 23,340 39,300 19,500 82,140
要介護4 25,380 39,300 19,500 84,180
要介護5 27,390 39,300 19,500 86,190
第4段階同一世帯内に住民税課税者がいる方。 要介護1 19,140 70,500 45,000 134,640
要介護2 21,150 70,500 45,000 136,650
要介護3 23,340 70,500 45,000 138,840
要介護4 25,380 70,500 45,000 140,880
要介護5 27,390 70,500 45,000 142,890

※上記、介護保険自己負担額は、利用者負担が1割の場合の金額です。
※第1段階は、住民税非課税世帯で老齢基礎年金を受給されている方。または生活保護を受給されている方になります。
※1ヶ月を30日として計算しています。
※受けられるサービスにより、上記標準額のほかに加算があります。(下表参照)
※介護保険対象外サービス費用(理容・美容、特別な食事、金銭等取扱い事務、娯楽等参加費など)は全額自己負担になります。

その他費用
主な介護給付サービス加算費用 (1日当たり)             (単位:円 令和元年10月1日改定)

 

加算名 加算要件 金額
初期加算 新規に入所される方。または1ヶ月以上の入院後、再び入所した場合に30日間加算。 30
外泊時費用 利用者が入院及び外泊の場合、6日を限度として加算。(入院・外泊の初日及び末日の負担はありません。) 246
夜勤職員配置加算(Ⅱ) 夜勤を行う介護職員、看護職員の数が、最低基準を1人以上上回っている場合。 18
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ 介護職員の総数のうち、介護福祉士の割合が50%以上。 18
日常生活継続支援加算 入所者のうち、要介護4・5の方の割合が70%以上である。介護福祉士を入居者6名に1名以上配置している場合など。 46
看護体制加算(Ⅰ) 常勤の看護師を1名以上配置している場合。 4
看護体制加算(Ⅱ) 看護職員を基準よりも1名以上多く配置している場合。 8
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 法令に基づいた介護職員の賃金改善費用。(介護福祉施設サービス費+各種加算費用)×0.083
介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ) ①介護職員処遇改善加算(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)のいずれかを算定。
②職場環境等要件について、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分でそれぞれ1つ以上の取り組みを⾏っている。 
③介護職員処遇改善加算に基づく取り組みについて、ホームページへの掲載等を通じて「⾒える化」を⾏っている。
④サービス種別により定められた、サービス提供体制強化加算、特定事業所加算、⽇常⽣活継続⽀援加算、⼊居継続⽀援加算等を算定している。
×0.027 
療養食加算 入所者の年齢、心身の状況によって適切な栄養量及び内容の食事の提供が、管理栄養士又は栄養士によって管理されている場合。 6/回
栄養マネジメント加算 入所者ごとの摂食・嚥下機能及び食形態にも配慮した栄養ケア計画を作成し、栄養状態を定期的に記録している場合。 14
口腔衛生管理体制加算 歯科医師又は歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が、介護職員に対する口腔ケアに係る技術的助言及び指導を月1回以上行っている場合に加算。 30(1月につき)
看取り介護加算(Ⅱ) 医師が終末期であると判断した利用者に医師及び看護師、介護職員等が協働して看取り介護を行った場合。
死亡日以前4~30日 144/ 日
死亡日前日・前々日 780/日
死亡日 1,580/ 日
褥瘡マネジメント加算 褥瘡の発生予防のための管理 10/月
生活機能向上連携加算(Ⅱ) 事業所や機関に所属の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医師が、利用者宅を訪問した上で助言等を行い、サ責等が計画書の作成や変更を行う場合。 200/月
再入所時栄養連携加算 施設の入所時は、経口で食事摂取の入所者が、医療機関に入院し、入院中に経管栄養、嚥下調整食の新規導入となり、退院後すぐに施設へ再入所すること。施設の管理栄養士が、入所者の入院する医療機関を訪問し、栄養食事指導やカンファレンスに同席し、医療機関の管理栄養士と連携して栄養ケア計画を作成する場合。 400/回
低栄養リスク改善加算 低栄養状態の入所者に対して、医師、歯科医師、管理栄養士、看護師、介護支援専門員他の職種が共同して栄養管理をするための会議を行い、低栄養状態の改善を行うための栄養管理方法を示した栄養計画を作成し、管理栄養士等が計画に沿った栄養管理を行う場合。 300/月
経口維持加算(Ⅰ)  経口での食事を摂っている入所者の内、摂食機能障害、誤嚥が有ると認定しうる入所者に関して、医師または歯科医師、栄養管理士、看護師、介護支援専門員などの職種が共同し、入所者の食事の観察や介護を行う。入所者ごとに、経口による食事を継続できるようにするための経口維持計画を作成し、医師または歯科医師の指示の下で、管理栄養士または栄養士が栄養管理を行った場合に加算。 400/月
経口維持加算(Ⅱ)

協力歯科医療機関を定めている事業所が、経口維持加算(Ⅰ)を算定する場合、入所者の食事の観察、会議に医師、歯科医師、歯科衛生士、言語聴覚士のいずれか1名以上が参加した場合に追加で加算。

100/月
排せつ支援加算  排せつに介護を要とする入所者のうち、適切な対応を行うことによって要介護状態の軽減が見込まれると医師等が判断した者に対して排せつ介護を必要とする原因分析に基づいた支援計画を作成し支援を継続して実施した場合。 100/月
配置医師緊急時対応加算 早朝・夜間の場合 650/回
深夜の場合 1300/回

※上記の加算については要件を満たした場合に請求させて頂きます。

※上記加算費用は、利用者負担額が1割の場合の金額です。

※上記加算費用は一例ですので、施設との契約の際にご確認ください。

医療行為
種類 状況 特記事項
 喀痰吸引 要相談
 経管栄養(胃ろう・腸ろう) 要相談
 鼻腔経管栄養 ×
 中心静脈栄養(IVH) ×
 在宅酸素 要相談
 インシュリン注射 要相談
 人工肛門(ストマ) 要相談
 留置カテーテル 要相談
『要相談』についてはその時の状況により、受入れ状況が かわりますので、詳細はお手数ですが直接施設へお問い合わせください。
問い合わせ先: 電 話 0265-48-6640
FAX 0265-48-6643
施設のホームページ
詳しくは施設のホームページにてご確認ください

社会福祉法人 綿半野原積善会

 

 

 

特別養護老人ホーム笑みの里

お知らせ
現在お知らせはありません。
アクセスマップ