「在宅患者基本情報共有書(連携シート)」・「ism-Link」申込書について

「在宅患者基本情報共有書(連携シート)試案版」・「一括同意書」について、様式及び取り扱い方法が変更となります。

 

変更後の様式等はただいま準備中です。しばらくお待ちください。

(平成30年4月公開予定)

 

様式等必要な方は、お送りいたしますのでお問合せください。

 

 

 

 

 

 

『地域包括ケアシステムを考える住民フォーラム』を開催いたします

平成29年度「在宅医療普及啓発・人材育成研修会」飯田下伊那全体研修会といたしまして、飯田医師会と南信州在宅医療・介護連携推進協議会の共催により、下記のとおり住民フォーラムを開催いたします。

 

『地域包括ケアシステムを考える住民フォーラム』

~高齢者の在宅療養を支えるこれからの多職種連携とは~

 

【日 時】

・ 平成30年2月12日(月・祝日) 午後1時30分から4時

【場 所】

・ 飯田文化会館 ホール

【内 容】

・ その1 地域包括ケアシステムに関する協議の報告

・ その2 在宅医療といろいろな職種との連携の事例報告

・ その3 地域包括ケアにかかわる方々のそれぞれの役割(各職種の方々によるパネルディスカッション)

【参加対象】

・ どなたでも参加いただけます

 詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

 

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられるように、どのようになるのか。

この機会に在宅医療と介護サービスの連携について、みなさんで考えてみませんか。