アクセシビリティー配慮指針

南信州広域連合地域自立支援協議会 ( 以下、「 協議会 」という。 ) は、ウェブアクセシビリティについて、インターネットでの情報発信における重要テーマと捕らえ、協議会の運営理念に基づき、皆様の利益を第一に考え、常に一歩先を行く情報及び、サービスのご提供と、ウェブアクセシビリティを考慮したウェブサイトの運営に取り組んでいます。

南信州広域連合地域自立支援協議会ホームページ ( 以下、「 本ウェブサイト 」という。 ) では、ご提供する情報やサービスをより多くの皆様にご利用頂けるように、以下に挙げるポリシーを基本方針として、今後ウェブアクセシビリティの確保及び、向上に最大限の努力をしてまいります。

アクセシビリティとは、高齢者、障害をお持ちの方及び、一時的な障害をお持ちの方などを含めて、全ての利用者が同じように利用できるようにしていこうという考え方です。

( 最終更新日: 2013年5月31日 )

  1. 情報及びサービスの提供
    近年、インターネットの普及に伴い、世界各国ではウェブアクセシビリティに関する規格化や法制化が進められており、日本国内でも 2004年6月に JIS( 日本工業規格 ) 化されました。当協議会では、本ウェブサイトを高齢者や障害をお持ちの方及び、一時的な障害をお持ちの方を含むより多くの皆様に快適にご利用頂けるよう努めてまいります。
     
  2. 利用特性への配慮
    例えば、年齢や障害、あるいはご利用環境などによっては、画面が見えない ( 見えにくい )、音声が聞こえない ( 聞こえにくい )、マウスやキーボードで操作・入力しづらい、コンテンツを理解・学習しづらい、といった事があります。皆様の様々な利用特性を理解して、可能な限り全ての皆様が同じようにご利用頂けるよう配慮してまいります。
     
  3. 利用環境への対応
    皆様がウェブサイトを利用する環境は、インターネットへの接続回線、各種情報通信機器、ブラウザの種類及びバージョン、そして、支援技術 ( ウェブコンテンツの音声読み上げや点字変換、画面拡大、マウスやキーボードの代替手段など ) などにより多様化しています。どのようなご利用環境においても、皆様が支障なくご利用頂けるように配慮してまいります。

南信州広域連合地域自立支援協議会