会長あいさつ

トリミング日頃は当自立支援協議会へのご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

「障がいの有無にかかわらず、人格と個性を尊重し、安心して暮らすことのできる地域社会の実現」という「ノーマライゼーション」の 考え方がこれらの福祉施策のバックボーンに位置づけられています。安心して暮らすために必要なサービス等の社会資源は多岐におよび、 必要なのにないもの、あっても不足しているもの、などさまざまです。

地域がかかえる問題や課題を浮き彫りにし、その解決に向けて行政はじめ関係諸機関が連携していくことが必要であり、その中核的な 役割を担う機関が自立支援協議会です。 地域で解決できる部分は解決を図り、解決できない大きな課題については、しかるべき対処をし推進していきます。 自立支援協議会の機能を充分に活用し、障がい者の地域での自立した生活の支援に少しでも寄与できたらと思います。 ノーマライゼーションの実現は、関係者はもとより地域の皆様のご理解ご協力が無ければ不可能です。今後ともひきつづき変わらぬご支援をお願い致します。

おわりに、当地南信州は豊かな自然に恵まれ、風光明媚な名所・名跡も多く、更に国の重要無形文化財にも指定されている多くの 祭り、効能あらたかな温泉と一年をとおして、充分に楽しんでいただけると思います。ぜひ足をお運び下さい。お待ち致しております。

このたびは、当協議会のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございました。

平成29年6月7日
南信州広域連合地域自立支援協議会
会長  伊藤 晃